適性検査は採用だけに使用されない!?結果がフィードバックされることも!

面接で利用される適性検査

最近、多くの企業が人材を採用する際に利用しているのが適性検査です。筆記試験や面接ではわからないことを適性検査で把握しようとするために導入しています。適性検査では、その人の潜在的な性格がわかります。それにより向いている職種、仕事内容がわかるようになっています。また最近では、メンタル面での疾病が社会的に注目されていることから、精神的なタフさ等も把握できるような適性検査も出てきています。しかも適性検査を扱う会社も複数社出てきています。

適性検査はあくまでも参考程度に

ただ適性検査もまじめに取り組んでいれば、ある程度の傾向は正しく把握できるのでしょうが、結果がすべて正しいとは限らないのです。回答についても、虚偽の回答の割合等も計算できるようになっていて、結果の信頼度をそれで図ることができるようになっています。そのため飽くまでの適性検査の結果は、採用における判断の参考程度にとどめておくべきです。実際に面談で会って話してみて、適性検査の内容が正しいのかを確認する質問を交えて相手のことを把握すべきなのです。そのため適性検査の多くは面接よりも先に実施されています。

適性検査の結果をフィードバックする企業も

また適性検査を採用の判断にだけ使用するのではなく、入社した後の研修などで、本人自身が自分を把握するために、また同期のことを把握するためにフィードバックしている企業も多くあります。自分の性格等について、傍からどのように思われているのかを客観的に見ることができます。それにより自分が社会人になって気を付けるべき点に気づくことができます。またあらかじめ同期同士のことを知っておくことでスムーズな接し方もできるようになります。

適性検査とは、職業やその分野に対して(パイロットなどの危険を伴う職種、また医師や弁護士などの重責を担う職種など)、その人が携わることが向いているかどうかの適性を調べる検査のことです。