保管倉庫をつくるか、それとも物を捨てるか

ベランダや庭に倉庫を設置

収納スペースって結構大事ですよね。家探しで間取りを見るときは、人によっては気にしないでいたりしますが、いざ住み始めると、収納スペースに余裕があるっていうのは快適です。気持ちに余裕が持てるというか。物をため込むタイプか、すぐ捨てるタイプかにもよるでしょうが。物をため込まない人にとっては、空いた収納スペースはもったいない存在でしょう。しかし、ため込むタイプの人は、ベランダや庭に新たに倉庫を設置したりもします。

倉庫代を考えた場合は

価値観によるでしょうが、倉庫は結構な金額になります。デッドスペースだと思えるところに設置するのですから、有効活用という解釈なんでしょうが、物を捨てることに喜びを感じる人からすると、不可解でしょうね。そこまでするなら、いったん捨てて、必要になったら購入したほうが安く済む、と。でも、新たに買うのにも手間がかかるから、使いたいときにすぐ使える方がいいという考え方もあります。そのために倉庫まで設置するかどうかは、人それぞれでしょうが。

倉庫も維持管理が大事

ベランダや庭に倉庫を置くと、暴風雨のときなどは雨が入り込むわけですし、湿気対策は大事ですね。虫も侵入しやすいでしょう。傷みにくい陶器の食器などは向いているでしょうが。あとは、虫に食われてもあきらめがつく品に限ったほうが無難な気がします。保管スペースがなければ捨てるものでも、スペースがあるとため込みたくなりますね。梱包材のプチプチとか。2メートル以上あると、いくらでも使い道がありそうで、なかなか捨てられなくなります。

3PLは、パートナー企業の物流部門の一部もしくは全てを、利害関係にない第三者企業が請負うサービスのことです。パートナーは物流部門を切り離すことで、経営リソースを本業に集中出来るため業績拡大を狙えます。