システム開発!ウォーターフォールとは見切りをつけよう

業務システムもウォーターフォールは時代遅れ

大きな企業であればあるほど、古いやり方にこだわることってありますよね。大企業のシステム開発が、いまだにウォーターフォールモデルで行われているなんてことは、日本では珍しいことではありません。しかし周辺技術の進化が激しいIT業界において、ウォーターフォールのような後戻りの難しい仕事の進め方では、間違っていてもやり直すことが難しくなってしまいます。その結果、現場のモチベーションが下がったまま最後まで作りきる形になって、品質が落ちてしまうのです。

小さいサイクルを回そう

ウォーターフォールモデルの後継として言われるのがアジャイルですが、あまり難しく考えずに、ようするにプロトタイピングと見直しという小さいサイクルを回すことに集中するのが良いと言われています。設計や仕様は追加・変更されるのが前提で、今の時点の設計をゼロベースで作り、レビューする。それを繰り返すのです。顧客と開発者がコミュニケーションを取りながら、少しずつ詰めていくので、お互いの意識のすり合わせのにも良い方法です。

PDCAサイクルを回す

開発の戦略が変わったからといって、仕事の本質が変わるわけではありません。大枠の部分では伝統的なプロジェクト管理の指標であるPDCAサイクルを回すことを意識しましょう。PDCAとはプラン、決定、チェック、実行のサイクルのことです。システム開発のPDCAにとって特に重要なのは、プランとチェックのフェーズにおいて、きちんと数字に基づいた客観的な指標を与えることです。パフォーマンスならきちんと実行時間や改善したパーセンテージなどを正確に記しましょう。

notesは、古くから多くの企業で使われてきたソフトウェアですが、古いバージョンを使用している企業にとって、notesのバージョンアップには初期費用が多くかかり、大変悩ましい問題です。